Googleの「しごと検索」に対応するための仕組みを作ってみました


日本でもはじまったGoogleのしごと検索が話題になっています。今は求人サイトくらいしか「しごと検索」に対応した求人ページを作っていないようで、求人検索で表示されるのはほとんどが求人サイトです。
そんな中、「美容室 渋谷 求人」で試しに検索してみたところ、ある美容室の求人ページが表示されましたので、構造化データを確認してみました。

自社の求人サイトをしごと検索に対応させることで、しごと検索の結果に表示させることが可能になります。対応さえすれば必ず表示されるわけではなく、いろんなGoogleのアルゴリズムがあるのでしょうが、まだ個別企業・お店などの求人ページが対応していない状態を考えると、なるべく早く対応することは表示されるチャンスでもありますし、早期に対応し経験・実績を積んでいくことはプラスになると思います。

BiNDでしごと検索に対応するための仕組みを作ってみました

しごと検索に対応するためには構造化データをルールに則って書いてあげればいいようで、これはBiNDでも可能です。

でも、BiNDユーザーの多くはパソコン初心者(もしくはホームページ初心者)であることを考えると、構造化データを書けばいいと言われても、どんなデータをどこに書けばいいのか。わからないのではないでしょうか。

BiNDismでは、フォームに必要事項を入力して送信してもらうと、記入いただいたメールアドレスに「Googleしごと検索に対応した構造化データをお送りする」仕組みを作ってみました。

※「value」は推奨フィールドです。値があれば指定してください。
給与項目を最小値と最大値での指定とし、1つの金額で指定していないため、valueに対して警告が表示されますが、問題ありません。

※「validThrough」は推奨フィールドです。値があれば指定してください。
掲載終了日を指定するときに入力する項目ですが、自社の求人サイトでの掲載は期限を設けない事が多いと思いますので、設定していません。そのためvalidThroughに対して警告が表示されますが、問題ありません。

求人情報としてsitemap.xmlを出力できるように求人サイトとして作成することをおすすめします。

しごと検索に対応した構造化データを入れた自社の求人サイトを作成したら、それをGoogleにインデックスしてもらう必要があります。

その方法は、

  • Google APIs の Indexing API を利用する
  • sitemap.xmlを利用する

がありますが、BiNDは自動的にsitemap.xmlを出力してくれているので、それを使うのが簡単でしょう。Seach Consoleからサイトマップを送信しましょう。

会社概要や求人の詳細情報はもちろん、代表のメッセージや先輩社員へのインタビュー、福利厚生の紹介、社内のBBQや旅行などのイベント紹介など、写真や動画などを使って自社の魅力を伝える「採用サイト」を作ってみませんか。


BiNDで作るホームページ制作 バインドイズム – BiNDism
https://bindism.com
※公式サイトもリニューアルしたので見てみてください。