よくある質問

Q & A

 
バインドを使ってオリジナルデザインのホームページを制作するBiNDismなら、
バインドでホームページを作りバインドデータでお渡しします。

HOME > よくある質問

依頼について

1.遠方ですが依頼できますか?

遠方のお客様は基本的に電話・メールでの対応となりますが、全国対応とさせていただいております。営業エリア
(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県の一部)のお客様は、ご訪問でのお打ち合わせにも対応可能です。
 

2.依頼するにあたり用意するものはなんですか?

BiNDismでは原則として画像やロゴなどの素材、および説明文などのテキスト情報はお客様ご自身にご用意いただくことになります。その業務の内容について一番把握できており、販売やマーケティングに対する想いをお持ちなのはお客様でなると考えています。ご自分の言葉で伝えたいメッセージをご用意ください。
 

3.メールが得意ではないが、依頼しても大丈夫ですか?

ちょっと伝えたいことや、ちょっとした質問などはお電話いただいても問題ないと思います。ですが、BiNDismではその進行過程において、制作中のページをご確認いただくためのリンク(メールの中の一部をクリックしていただくと作っているページが見られる)をメールで送らせていただくことになります。
また、写真や文章などのデータも基本的にはメール(ファイルサイズによってはGigafile便などを利用)でのやり取りとなります。そのため、メールが使えるということは必須となります。ご自身が使えない場合には、従業員やご家族などに代わりにやっていただくことができれば大丈夫です。
 

4.パソコンはそこそこ使っているがバインドは初めてです。大丈夫ですか?

バインドは「初心者でも簡単にプロなみのホームページが作れる」というのがセールスポイントの商品ですので、ホームページ作成のためのソフトの中ではやさしい部類に入ると思います。ですが、ホームページ特有の設定(画像の配置やリンク設定、テーブルによる表作成)は慣れるまでは少し時間が必要かもしれません。

料金・納期について

1.依頼する場合、いくらくらいですか?

スタンダードプランで168,000円〜となります。この料金は、10ページ程度の作成と、サーバー引越しのサポート、WordPress導入サポート、各SNSのアカウント作成サポート、そして、GoogleAnalyticeによるアクセス解析コードの設定など、作成に関わる基本的なことはすべて含んでいます。
ライトプラン125,000円というコースは、どのような構成で、どのようなデザインで作るかがすでに決まっていて、バインドでの作成のみを代行させていただくコースになり、その他のサポートは含みません。
 

2.依頼時の料金の他に必要な月額などはありますか?

BiNDismとしていただく月額費用などはございません。
ドメインやサーバー、カートシステムなどは必要に応じお客様ご自身と各社の契約となりますので、直接お支払いいただくことになります。
 

3.通常プランの納期は1年かかることもあるのですか?

基本的には3ヶ月〜半年を目安にと考えております。しかし、バインドをご利用いただくお客様の多くが事業主様や他の業務も担当しながらの兼務ということが多く、本業が多忙なタイミングに入ると制作を進めていくために必要な確認やメールへの返信もいただけなくなることが多くあります。
これまで、本業優先でこちらから急かすことがないようにとやってきましたが、3ヶ月や半年程度ストップしたまま(落ち着いたら連絡するからちょっと待ってと連絡があったきり)のようなことも実際にございます。そのような場合には期限を切っていないため、手があいたら再び進めていければよいかと考えています。しかしながら、そのようなお客様が重なってしまった時に、いきなり進行案件が重なってしまうという事態もございました。
ですので、通常の場合で3ヶ月〜半年ということになり、対応に間があいた期間があったり、進行時の確認のやり取りなどで時間的に間があくことが多いようなケースでは年という単位でかかることもあるかもしれません。
 

4.料金を後払いにすることはできますか?

完全後払いや、着手金と残金のようなかたちでの対応は、いたしておりません。
誠に申し訳ございませんが、①申し込み時一括の前払い、もしくは②申し込み時と基本デザイン決定時の2回払い。いずれかの方法でお願いしております。
これは回収リスクの問題ももちろんありますが、抑えめな料金設定にしていることと、お客様から分割や後払いの要望があった場合などお客様によってOKだったり、お断りしたり。そのようにこちらの勝手な判断で信用する・信用できない。のようなことはしたくないので、すべて同じ条件というもとで決めさせていただいたものになります。何卒、ご理解いただければと思います。
※ページ数が多い場合などで、請負額が50万円を超える場合には、申し込み時と完成時の2回払いに対応させていただいております。

BiNDについて

1.BiNDは自分でも買わないといけないのですか?

BiNDismはバインドで作って、バインドでーたで納品させていただくサービスです。
納品後にバインドでデータを自由に更新していただくためには、BiND(作成に使った同じバージョン)がインストールされたパソコンがあることが必要です。
現在の最新版はBiND9で、レスポンシブで作成するにはBiND8以降をご購入いただく必要があります。
 
注意)バインドはモニターが小さいパソコンでは使い勝手が悪くなります。(インチではなく、表示できるピクセル数)BiND8からウィンドウの仕組みが変わったため、一段とその傾向が強くなりました。
BiNDの公式サイトで、ご自分のパソコンのOSが対応しているかをご確認いただき、体験版で使い勝手を確認されることをオススメいたします。
※体験版のインストール、および使用はご自身の責任において行ってください。
 

2.古いバージョンのバインドでも依頼できますか?

原則としてご依頼時の最新版での作成ということになります。
新規のお申し込み:BiND8でのご依頼も可能ですが、バグの解消、安定性などからBiND9へのバージョンアップをオススメしています。
BiNDismで作成させていただいたいお客様:作成時のバージョンでサポート対応(一部有料)させていただきますが、最新のOSでインストールできないバージョンについてはサポート終了とさせていただきます。
 

3.BiND クラウドは対応していますか?

2016年9月以降、BiNDクラウドを利用したご依頼に対応しました。
これまでは、BINDクラウドで作成したデータのエクスポートができず、またBiNDクラウド以外のサーバーを利用することができなかったため、BiNDクラウドでのご依頼はお断りしていましたが、最新のBiNDクラウドはそれら「データのエクスポート」「外部サーバーへのアップロード」が可能になったため、BiNDクラウドでのご依頼に対応することにしました。
複数のスタッフ・拠点から編集したいようなときはBiNDクラウドのほうが使い勝手が良いかもしれません。ただし、サーバーはエックスサーバーの利用をオススメします。
※WordPressをご利用時のサポートはBiNDクラウドでは対象外とさせていただきます。
 

4.BiNDにあるWordPressテーマを使ってWordPressサイトの作成を依頼することはできますか?

BiNDのプロフェッショナル版にあるWordPressテーマのテンプレートを利用したご依頼はお受けしておりません。
BiNDのWordPressテーマは、結局のところ
WordPressの記事を表示するためのブロックがあるだけのバインドファイルです。
スマホ対応にもなっていなく、テーマを変更したら固定ページは表示されないというような問題もあります。いわゆるWordPressサイトをカスタマイズしてオリジナルのテーマを作るというようなものとは全く異なります。
参考)BiNDのWordPressテーマの固定ページは気をつけましょう
https://bindism.com/blog/posts/645

WordPressについて

1.WordPressは使わないといけませんか?

WordPressの利用は任意です。不要な場合は使わないで問題ありません。また、WordPressを使う場合はXserverの利用をオススメしていますが、WordPressを使わない場合にはその他サーバーでもよいかと思います。ただし、各サポートをさせていただく場合には、検証サーバのご利用が条件となります。
 

2.WordPressはバインドで作るものとは別のホームページということですか?

別のものとお考えください。WordPressで全体をカスタマイズして作成するものではなく、バインドで作成するいわゆる公式サイトの部分と、WordPressで作っていくいわゆるブログの部分があるとお考えください。
アメブロでやっているようなブログを、独自ドメインの中に自分専用に作るようなイメージです。公式サイトに表示されているブログのリンクや自動表示している記事のリンクをクリックするとWordPressが開くようになります。アメブロのバナー(リンク付き画像んボタンなど)を設定しておいてクリックするとアメブロが開きます。それと同じイメージです。ただ、アメブロではなく独自ドメインの中のブログだということに意味があります
 

3.WordPreesをバインドで作るページに合わせたデザインにはしてもらえるのですか?

WordPressのカスタマイズは行っていません。そのためデザインをバインドのものと合わせることは難しいです。WordPressは無料で使えるテーマという見せ方を決めるものがいっぱいあります。本当にいっぱいあります。テーマをインストールして適用するだけで簡単に見栄えを変更できます。ですので、気に入ったものがあったら気軽に試してみてダメだったらまた変更。というように気軽に好みのものを探していただくという考えです。
WordPressのカスタマイズは専門的な知識が必要で、その専門家に依頼するとかなり高額な場合が多いです。
BiNDismでは、バインドで作る公式サイトというものがメインであるなか、SEOの効果や日々の更新・追加のしやすさからWordPressと合わせた構成をオススメしており、そのための準備のお手伝いとして、サーバーにインストールしたり最初の設定をさせていただくなどのサポートをしているということでご理解ください。そして、せっかくブログとして使うのだから別々に存在しているだけではなく、バインドで作るページに自動的に表示されるようにしておきましょう。というのがBiNDismの提案です。
 

4.WordPressの自動表示はどうやっているの?

feedwindというサービスを利用して表示します。
※2017年になってGoogle Feed APIが終了してしまったため、元時点で検証したなかで一番良いと思う「feed wind」を利用します。feed windのサービスが停止したり、不具合が生じた場合には表示できなくなる可能性があります。

リニューアルの場合について

1.リニューアルを依頼した場合、今とページ名は変わりますか?

pg00.htmlのようなバインドのデフォルトのままのようなページ名の場合、基本的には変更することになります。SEO的にもページ名は意味のある英数字をつけたほうがよいと思いますし、管理上もわかりやすくなると思います。
また、ディレクトリ分けしないでホームページを作られている場合、その内容やボリュームにもよりますが、一般的にはディレクトリ分けした構成に変更させていただくため、URLとしては変わることになります。
例)pg00.html >> apple.html
 fruits1-1.html  、 fruits1-2.html  、 fruits1-3.html  、 fruits2-1.html
 >> apple/fuji.html 、apple/tsugaru.html 、apple/gold.html 、orange/arita.html
 
上記のようにファイル名(URL)が変わる場合、そのままリニューアルするとこれまでのページがないというエラーになります。例えば、りんごの検索などからpg00.htmlにアクセスした場合apple.htmlに変わっているので、pg00.htmlはないということになります。そのようなことを避けるために、301リダイレクトという方法があります。サーバーの設定ファイルに一定のルールで記載してページが変わったことを教えてあげるための仕組みです。検索で個別のページが表示されているような場合、必要と思われる時にはこの301リダイレクトの処理もBiNDismで対応いたします。
※BiNDismの推奨サーバーのみとなります。
 

2.何年も前に知り合いに作ったもらったまま放置しており、サーバーなども任せっきりです。対応できますか?

今独自ドメインをお使いで、そのドメインを引き続きご利用される場合には、お知り合いの方から以下の情報確認いただくことが必要になります。

  1. ドメインの管理会社と登録の名義(例:お名前comなど)
  2. 利用しているサーバー会社
  3. そのドメインを引き続き別のサーバーなどで使うことが可能か
  4. 独自ドメインの継続利用が可能な場合、ドメインの移管ができるか
  5. 今現在のデータ(リニューアル前)を入手可能か?またそのデータは別のサーバーでも使えるものか。(CMSなどプログラム処理で表示しているものなどは別サーバーでは表示させることができません。)

ドメインの移管が可能であれば対応は可能です。また、新たにドメインを取得して行う場合(今のホームページが独自ドメインでないような場合)は、データも環境も新たなものとして対応させていただくことで問題ないと思います。
 

3.リニューアル後にGoogleなどの検索結果が下がることはありますか?

Googleコンソール(旧・ウェブマスターツール)でサイトマップを登録し、クロールを要求します。そして、必要な場合には301リダイレクトの処理などをさせていただきます。
これらの対策をしないままリニューアルをするよりは良いことは確実ですが、検索結果の順位のようなものはコントロールできません。そのため、検索サイトにおける上位表示の結果は、必ずしも保障しておりません。googleのアルゴリズムの変更のタイミングなどと重なった場合には順位がたまたま下がることもあるかもしれません。
ただ、それがそのままだったら2位から50位に落ちていたものがリニューアル時の対応で30位でおさえられたものなのか、何もしなければ10位でおさまっていたのにリニューアル時の影響によって30位になったものなのかは判断のしようがありませんので、ご理解いただければと思います。