画像処理

BiNDで使う画像は適切な調整をしてから使いましょう!

 
BiNDは画像を自動的に適切なサイズに変換してくれていると思っている人が多いようです。何人ものお客様から「え、バインドって自動的に画像は小さくしてくれるんじゃないの?」とお聞きしてきました。
けっしてそんなことはありません。スマホで撮影したままの画像や素材サイトからダウンロードしたLサイズの写真などをそのままBiNDで配置してしまうことは絶対にやめましょう。
 
デジタルステージのNiCE siteを見てみるとトップページを開くだけでものすごく待たされるサイトが多いことに驚きます。調べてみるとトップページのページサイズが30MBを超えるようなものもあります。
 
BiNDユーザーの多くはページのデータサイズなどは気にしていないのかもしれません。こんなところをちょっと気にしただけで大きな違いになります。

画像処理の投稿

BiND Press2に投稿した画像処理に関するお役たち情報一覧

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

[%lead%]

軽量化・リサイズができるオススメサイト

BiNDユーザーの多くはPhotoshopを持っていないと思います。そんな時に便利なサイトがこちらです。
このようなサイトで配置する前の画像をちょっと処理してあげるだけで、
ページ全体のサイズや、BiND全体のデータサイズに大きな違いになってきます。

Bulk Resize Photos

サイズ変更も同時に可能で、まとめてドラッグしての一括処理もあっという間で使い勝手抜群です。圧倒的に使いやすくてお気に入りですが、最近GoogleChromeで動作しなくなったようで、Operaを使えば動作します。
https://bulkresizephotos.com

tiny jpg

画像軽量化の有名なサイト。軽量化処理後の画像がきれいなように感じますが、サイズ変更ができないため、別にサイズ処理が必要になってしまいます。利用サイズで作成した素材を仕上げとして軽量化処理したい時に便利です。
https://tinyjpg.com/

compress jpeg

画像をドラッグするだけで圧縮開始の簡単操作。処理後にJPEG圧縮クオリティをさらに調節することも可能ですが、リサイズ(サイズ変更)はできません。
https://compressjpeg.com/ja/

βtools

画像を選んだ後、リサイズだけでなくトリミングも可能ですが、復数の画像を一括で処理することができないようです。
http://neutralx0.net/tool/img.html

PHOTOX

画像を選んだ後、リサイズやトリミングだけでなく、反転やぼかしなどのフィルタ処理までできてしまうサイトです。処理する元画像のサイズが1000pxまでと上限があり、超える画像はアップロード時に1000pxにリサイズされます。
http://neutralx0.net/tool/img.html

背景をあっという間に透明にしてくれる驚きのサイト

人物写真に限定されますが、写真を選ぶだけで自動的に背景を透明にしてくれるという驚きのサイトです。しかも、そこそこちゃんと処理されます。
グラデーション背景の上に画像を載せたい時や、SiGNでバナーを作る時など、人物だけを切り抜きたいと思うことは少なくないでしょう。こんなことが無料で、しかもあっという間にできてしまう。すごい時代です。

Remove Image Background

画像を選んであげるとあっという間に背景を透明にしてくれます。画像のサイズは自動的に500pxに縮小されるようです。
https://www.remove.bg/

切り抜き.jp

有料サービスですが切り抜きサービスの元祖という感じでしょうか。価格も抑えめでオンラインで完結ですので、綺麗に切り抜きたいときなどは試してみてください。
https://kirinuki.jp/

その他

画像を処理する面白いサイト

landscape

1つの画像から様々なSNSに合わせたサイズの画像をトリミングできるおもしろいサービスです。
https://sproutsocial.com/landscape