BiNDupを使っていればBiNDサーバーが無料で使えるから特に考えずにBiNDサーバーを使っている人がいらっしゃいます。「BiNDupではBiNDサーバーを使うものなんだと思っていた。」「他のサーバーを使うという意味やメリットがわからない。」のようにお聞きすることも本当に多いです。

あえてBiNDサーバーを避けるべき理由はここでは書きませんが、他のサーバーでエックスサーバー、お名前com共用SDサーバー、さくらインターネット、ロリポップと試してきました。結論は圧倒的にエックスサーバーがいいです。

BiNDup以外の費用として月額千円程度が別に必要になってきますが、それでもエックスサーバーを使うほうがいいです。それではエックスサーバーの何が良いのか?です。

エックスサーバーのいいところ

  1. サーバーの信頼性
  2. サポートで電話による質問が可能
  3. 管理画面の使いやすさ
  4. 万が一のときバックアップデータの入手(有償)が可能

という点だと思います。

全ての問い合わせがフォームのみというBiNDサーバーはサーバーとしては致命的です。何か問題が生じてアクセスできなくなったとき何日も返信を待っていられません。サーバーとしての利用では電話が公開されていることは極めて重要だと思います。

使いやすさを試用期間で試せます

そして何よりエックスサーバーの最大のオススメ理由は管理画面の使いやすさです。群を抜いています。圧倒的です。サーバーのプロの会社がユーザーの使い勝手をちゃんと考えて作るとこうなるんだと驚きものです。1つのドメインだけでBiNDで作った数ページのホームページを公開するだけならさくらインターネットもありかもしれません。

でも複数のドメインを使って運営したいときや、WordPressを使ったブログも運営したいときにはエックスサーバー一択です。

まずは申込をしてすぐに試せます。10日間は試用期間で無料で試せます。試用期間でもメールアドレスの登録はできませんがホームページを公開するための設定・作業はほとんどできます。


※上のバナーをクリックし、「お申込みはこちら」のオレンジのボタンからお申し込みください。
※申込は通常X10プランで十分だと思います。
※1つの申込で複数のドメインでホームページを運営できます。しかも簡単に。

エックスサーバーのいいところ

サーバーパネルという管理画面にログインするとこの画面です。何ができるのか。どこをクリックすればいいのか。ぱっと見ただけでなんとなく想像できる見事な管理画面だと思います。

本当に使いやすいですよ。

ドメイン設定

サーバーで使いたいドメインを設定するときは取得済みのドメインを入力してクリックするだけ。

サブドメイン

ヤフオク(https://auctions.yahoo.co.jp/)のようにドメインの前に設定するのがサブドメイン。この設定も入力してクリックするだけ。

常時SSL(htpps)化の設定

今や対応は必須のSSL設定。独自SSL設定追加で選ぶだけ。無料で利用できるのは今や当たり前ですが、こんなに簡単にできるのはさすがです。
※他のサーバーで運用中のドメインをエックスサーバーに引っ越す時はネームサーバー設定をエックスサーバーに変更してからでないと常時SSL設定はできません。

WordPressのインストール

SEOに強いと言われているWordPressは独自ドメインの中にインストールしての運用が重要です。あなたのドメインの中の/blogディレクトリにインストール(yourdomain.com/blog)したり、サブドメインでのインストール(blog.youdomain.com)でのインストールも簡単です。

メールアカウント設定

独自ドメインのメールアドレス(info@youdomain.comなど)の利用も簡単です。メールアカウント設定が簡単なのはもちろんですが、エックスサーバーのすごいところはメールソフトごとのマニュアルまで用意されているところです。

アクセス制限

アクセス制限もフォルダ(ディレクトリ)を選ぶだけ。「BiND アクセス制限」のようなキーワードで検索してBiNDismに来ていただいている人をアナリティクスで見かけます(ほとんどがnot providedですが…)。実際にはサーバーのベーシック認証という機能を利用するものなので、サーバーの管理画面が使いやすいことのほうが重要です。

リダイレクト設定も管理画面から

リニューアルで構成やページのURL(ページ名など)が変更になるとき、サーバーの設定ファイルである.htaccessにリダイレクト処理を書いてあげる必要があります。また、常時SSL(https)化は有効にするだけではなく、httpでのアクセスも自動的にhttpsになるように設置しておく必要があります。これもリダイレクトの一つです。

通常FTPソフトでサーバーにアップロードしてからリネーム(名前を変更)するなど面倒な手順が必要な.htaccessですが、管理画面から直接追記・変更できます。この機能が管理画面に加わったとき、『完全にエックスサーバー一択になった』と思いました。

迷惑メール設定

ドメインメールを使っていると避けて通れないのが迷惑メールです。公開されているドメインにinfo@をつけて適当に送られてくる迷惑メールはなくなることはないでしょう。

そんな迷惑メール対策も最低限の設定は極めて簡単です。[APAM]として認識されたメールは受信したことも気が付かないレベルで処理してくれます。

 

サーバーはエックスサーバーが群を抜いてオススメです。

実際、BiNDでの制作請負をしている人・会社もご本人はエックスサーバーを使っているというケースは山ほどあります。エックスサーバーを悪く言っているブログって私は見たことないです。

リニューアルなどでご相談いただいたお客様のドメインから利用しているサーバーを調べる機会が多くありますが、1つのIPアドレスで稼働しているドメインの数はサーバー会社によってものすごい差があります。10倍なんてレベルではなくそれ以上です。エックスサーバーが3桁として、5桁の会社もあるくらいです。簡単に言えば1つのサーバーを何人で使っているかというようなことですが、こんな数字を見たときも「さすがエックスサーバーだな」と思います。




※上のバナーをクリックし、「お申込みはこちら」のオレンジのボタンからお申し込みください。
※申込は通常X10プランで十分だと思います。
※1つの申込で複数のドメインでホームページを運営できます。しかも簡単に。


BiNDで作るホームページ制作 バインドイズム – BiNDism
https://bindism.com