BASEにドメイン設定をしてみました

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-14-13-20

オンラインショップの機能が欲しい。というご要望はよくあります。でも、BiNDカートはWebLiFEサーバーの利用が前提だったり、機能も貧素であることから、BiNDismとしてはe-shopsカート2をお勧めしています。月額2,400円という良心的な価格設定ながら抜群のコストパフォーマンスだと思います。

e-shopsカート2

でも、でも、でも。
月額2,400円も難しいというか、「お試し的にいくつかの商品だけを購入できるようにしてみたい。」とか、「月額を払うほどのことでもないんだよなぁ。」という声が結構あったりします。そんなときはBASEをご紹介することが多いのですが、普通にそのままBASEを使うのではなく、独自ドメインとしてアクセスできるようにできますので、BiNDismのアカウントでやってみました。BiNDismは販売目的というよりはサンプルとしてやっているBASEですが、独自ドメイン(サブドメイン)でアクセスできるようになっていれば、サイトのショッピングサイトとしてとりあえずの体裁にはなるように思います。



BASEで独自ドメインを使うにはサブドメインでしか登録できません。bindism.comとしてBASEのページにアクセスさせる設定はできませんが、shop.bindsim.comのようにshop.のサブドメインで設定すればいいわけです。そうすると、「bindism.comドメインの中のshopページです」のような感じでかえって都合がよいように思います。バインドで作る公式サイトがあって、その中のshopサブドメインがBASEのページ。デザインはBASEのものになりますが、悪くはないように思います。

http://shop.bindism.com

また、e-shopsカート2は物販を想定したシステムですので、写真などのデジタルコンテンツの販売などには向いていませんが、BASEは、「デジタルコンテンツ販売」という機能があるんです。カートにいれて購入手続きをした後はデータをダウンロードしてもって完了!という方法にはむしろBASEを使うという選択肢がご提案になると思います。

参考)BASEにサブドメインを設定するには、下記のサイトがわかりやすいと思います。
http://base-netshop.com/original-domain/

http://itiho.com/basedomain/


 

BiNDで作るホームページ制作 バインドイズム – BiNDism
https://bindism.com