BiNDism BlockDesignベースデータのDRESS解説

オープンコンテンツ

基本となるDRESSとCSSを設定してあるBiNDデータです。
まずは、DRESSについてご説明します。

概要説明

ページDRESSとして「BiNDism_BASE2019-1」を設定しています。タイトルや大見出し、本文などの色やサイズを設定してあり、全ページで読み込むことで一元管理できるようにしています。

BiNDismBaseDataの概要
※解説音声がありますので、再生時は音量にご注意ください。

自分用のDRESSに置き換える

デフォルトで設定してあるDRESSをそのまま編集するのではなく、作ろうとしているサイト用の名前をつけて複製してから使うことをオススメします。

BiNDismBaseDataのDRESS変更
※解説音声がありますので、再生時は音量にご注意ください。

フォント設定等のページもDRESSを変更します

BiNDismBaseDataのDRESS変更2
※解説音声がありますので、再生時は音量にご注意ください。

実際にDRESSの項目を変更して使い勝手を確認

作成するサイト専用のDRESSを名前をつけて作りました。そのDRESSを全ページに設定してあげることで、タイトルなどの設定を変更すると全ページが同じように変わります。
なるべく一元管理できるようにすることが運営時には重要です。

BiNDismBaseDataのDRESS変更3

このページの説明動画を連続再生で見る

BiNDismBaseDataのDRESS変更




BiND専門のホームページ制作会社
BiNDism
https://bindism.com

好みのブロックデザインを自由に組み合わせて、ホームページが作れます。
Block Design
https://bindism.com/blockdesign

No tags for this post.